• Toshiki Utsunomiya

Wixサイトにヒートマップツールを導入する方法【Clarityによる行動解析】

最終更新: 7月6日

こんにちは、Webサイト運用の内製化支援サービス|REBUILD WEB-MKTG-SITE を担当している宇都宮です。


今回の記事では、Wixで制作したサイトにヒートマップツールを導入する方法を解説します。ヒートマップツールを導入することで、ユーザーがサイト上でどのような行動をとったか解析できるようになります。ユーザーの行動は、サイトを改善していく上では、貴重な情報源です。


Clarityとは

Clarityは、Microsoftが公開している無料のヒートマップツールです。行動のリプレイやヒートマップなどの機能を通じて、ユーザーがWebサイトをどのように操作しているかを理解するのに役立つユーザー行動分析ツールです。Clarityの管理ツール上で発行したjavascriptコードを、Wixサイトのカスタムコードとして追加するだけで導入することができます。



WixサイトにClarityを導入する方法


①Clarityのアカウントを作成する

Clarityの公式サイトにアクセスし「Get started」ボタンを押してまずはアカウントを作成しましょう。


Clarityのアカウント作成方法


②Clarityにプロジェクトを追加する


Clarityの管理ツールにログインしたら「ADD NEW PROJECT」からプロジェクトを追加しましょう。

Clarityのプロジェクト追加方法

プロジェクトの情報を入力するダイアログが表示されるので、ヒートマップを導入するサイトの情報を記入しましょう。

Clarityプロジェクトの詳細内容入力画面

③トラッキングコードを取得する

プロジェクトが出来上がったら、Wixサイトに追加するトラッキングコードを取得しましょう。プロジェクトの「Settings > Setup」と進むとトラッキングコードを表示することができます。

Clarityのトラッキングコード取得場所

④WixサイトにClarityのトラッキングコードを追加する

Wixの管理ツールにログインし、「設定 > カスタムコード」の順にクリックし、カスタムコードの追加画面を開きましょう。

カスタムコード入力画面への遷移方法

カスタムコードを追加ボタンをクリックします。

カスタムコード追加画面の表示方法


Clarityのトラッキングコード、任意のツール名、トラッキングコードを追加するページを記入します。今回はサイトのすべてのページでClarityを有効にします。

カスタムコードの詳細設定内容

コードを追加する箇所は、ヘッダーを選択します。適用ボタンをクリックしてカスタムコードを追加しましょう。

コードを追加する箇所の選択方法


Clarityが正常に導入できたか確認する方法

①Chromeブラウザの開発ツールを起動する

Chromeブラウザを起動しF12キーを押して開発ツールを開きましょう。


②Network通信を監視しClarityのURLとの通信があるか確認する

開発ツール上でNetworkタブを開き、ClarityのURLとの通信があるか確認しましょう。Clarityが正常に動作している場合は、定期的に通信を確認することができます。


Clarityの動作確認方法


Clarityでクリック位置、スクロール状況を確認する方法

Clarityのタグが正常に追加できると、数時間程度で解析結果を確認することができるようになります。Clarityの管理ツールにログインし、Heatmapsタブを選択して、ユーザーがサイト上のどの位置をクリックしているか、また、ページのどの辺りまで読まれている確認することができます。


Clarityでクリック位置を確認する方法

Clarityでスクロール位置を確認する方法

Clarityでユーザーセッション(操作)を再生する方法

Recordingタブを選択するとユーザーセッションを再生することができます。ユーザーセッションでは、ユーザーのマウスカーソルの動きや、どこでマウスをクリックしたのか、フォームのどこまで入力してくれたのか等、ユーザーがサイト上でどのような行動をとったか動画で確認することができます。


Clarityのユーザーセッションを再生する方法


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事ではWixサイトにヒートマップツールを導入する方法を解説しました。ここまで高機能なヒートマップツールが無料で使用できるのは驚きですよね。ヒートマップツールを導入することで、ユーザーがサイト上でどのような行動をとったか解析できるようになります。ユーザーの行動は、サイトを改善していく上では、貴重な情報源です。誤クリックを招く場所は無いか、コンテンツが長すぎてユーザーが興味を失い離脱していないかなど、サイトの課題点を洗い出す際に最適なツールです。


シンメトリックでは、Webサイト運用の内製化支援サービス|REBUILD WEB-MKTG-SITE を提供しています。SEO対策、回遊分析の専門家が、お客様と二人三脚でアクセスデータの分析とサイト改善のPDCAサイクルを実践するサービスです。サイトの内製化をご検討中の方は、是非、お気軽にお問い合わせください。


196回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示