検索
  • egashirashintaro

Wix無料プランでSEO対策をする方法

最終更新: 3月12日

こんにちは、REBUILD WEB-MKTG-SITE を担当している江頭です。


Wixには無料プランと有料プラン(プレミアムプラン)がありますが、SEO対策を行う上でいくつか違いがあります。

また、初めから有料プランを契約するケースと、後から有料プランにアップグレードするケースとで、SEO上の影響にも違いが見られます。


この記事では、無料プランで使えるSEO機能と、無料プランでは使えないSEO機能を解説します。

どのタイミングで有料プランにアップグレードすればよいかも説明します。



Wix無料プランの機能と制限


Wixでサイトを無料で作ることができ、作成したサイトはすべて「無料プラン」という扱いになります。

無料プランでも、ページ作成やさまざまな機能を利用でき、サイトも公開できます。

ただし、無料プランには広告が表示されます。



Wix無料プランで使えるSEO機能


Wix無料プランでは、有料プランを契約しなくても、次のようなSEO機能が利用できます。

  • タイトル・ディスクリプション

  • imgタグのalt属性

  • URL設定(スラッグ)

  • canonicalタグ

  • robotsメタタグ

  • サイトマップ出力

  • HTTPS対応

  • スマホ対応

  • 多言語対応

  • Googleサーチコンソール連携


タイトル・ディスクリプション

ページごとにタイトルディスクリプションを設定できます。タイトルやディスクリプションは、検索エンジンがページに書かれてある内容を判断するために利用しており、SEO対策としては基本になります。


Wixのタイトル・ディスクリプション設定


imgタグのalt属性

画像に描かれた内容を検索エンジンに伝える役割を持つのがimgタグのalt属性です。画像ごとにalt属性を指定できます。


URL設定(スラッグ)

URLの末尾部分の文字列(スラッグ)を設定できます。

ただし後述するように、独自ドメインは使えません。


canonicalタグ

canonicalタグは、検索エンジンがページを重複コンテンツと間違って判定されないようにするために使うタグです。Wix無料プランでも、すべてのページにcanonicalタグが自動的に出力されます。


robotsメタタグ

検索結果に表示させたくないときに使うnoindexをサイト単位もしくはページ単位で指定できます。


サイトマップ出力

Wixサイト内のページをリストアップしたサイトマップが出力されます。



Wixが出力するXMLサイトマップ

ただし、後述するように、サイトマップ更新通知はGoogleに送信されません。


HTTPS対応

Wixでは xxxxxxxx.wix.com というサブドメインが使えるのですが、無料プランでもHTTPS(SSL)に対応しています。GoogleはセキュアなサイトをSEO上、優遇するとしているので、HTTPS対応は今は必須です。


スマホ対応

Wixはスマホに最適化されたページを出力する機能が備わっており、無料プランでもスマホ対応サイトが作れます。


多言語対応

Wixでは多言語サイトに対応しています。多言語SEOでは、国や言語に応じたページをalternate linkタグで指定する必要があるのですが、Wixでは自動的にalternate linkタグを出力します。無料プランでも利用可能です。


Googleサーチコンソール連携

Googleサーチコンソールの認証タグ設置に対応しているので、WixでもGoogleサーチコンソールが利用できます。



Wix無料プランでは使えないSEO機能


一方で、次のSEO機能は、Wixの有料プランに契約しないと使うことができません。

  • 独自ドメイン

  • サイトマップ自動送信

  • 301リダイレクト


独自ドメイン

example.comのように独自ドメインでWixを使いたいときは、プレミアムプラン契約が必要です。サイトのテーマに即した、分かりやすく短いドメイン名を利用することは、SEO上のメリットだけでなく、ユーザーにも覚えてもらいやすくなります。


サイトマップ自動送信

Wixではサイトマップを生成する機能がありますが、サイトマップが更新されたことをGoogleに自動通知する機能はプレミアムプランだけでしか使えません。

サイトを更新したら、なるべく早く検索エンジンにページを巡回してもらうことがSEOでは大切になります。


また、プレミアムプランでは、robots.txtでサイトマップのURLを検索エンジンに通知するよう設定されているので、検索エンジンへの登録作業を減らすことができます。


301リダイレクト

301リダイレクトは、ページのURLが変更されたときに使う機能です。

サイトを運用していると、ページの統廃合などでURLが変更されることがあります。このとき旧URLから新URLへ301リダイレクトを設定しないと、旧URLで獲得したSEOの評価が新しいURLへ引き継がれません。



最初から有料プランがおすすめ


無料プランでも、SEO機能がかなり使えると思った方も多いのではないでしょうか?

ただし、無料プランでサイト運用を始めてから、あとでドメインを取得して、有料プランに切り替えるのは、SEO上、お勧めできません。


その理由は、無料プランのURL(Wixサブドメイン)から有料プランのURL(独自ドメイン)への301リダイレクトができないためです。

ドメイン移行の際、301リダイレクトが使えないと、旧ドメインのSEO評価が新ドメインに引き継がれません。無料プランで運用していた期間が長ければ長いほど、その影響は大きいでしょう。


そのため、WixでSEO対策するなら、最初からドメインを取得し、有料プランを契約することをおすすめします。



Wix SEO対策のコツをレクチャー


以上、Wixの無料プランと有料プランで使えるSEO機能を紹介しました。


本格的にSEO対策するなら有料プランがおすすめですが、WixでどのようにSEO対策を進めていけばよいのでしょうか?


REBUILD WEB-MKTG-SITE」は、Wixを使ったWebマーケティングをお客様と一緒になって進めるDX支援サービスです。もちろん、SEOコンサルで培ったSEO対策のノウハウをレクチャーするので、Wixでの検索エンジン対策をサポートできます。


27回の閲覧0件のコメント