• egashirashintaro

Wixで構造化データを指定する方法

こんにちは、Webサイト運用の内製化支援サービス|REBUILD WEB-MKTG-SITE を担当している江頭です。


Wixに構造化データ(構造化マークアップ)を指定すると、Google検索結果をリッチリザルト形式で表示されることができます。


この記事では、Wixで構造化データを指定する方法や注意点を解説します。



構造化データとは?


構造化データは、Webページに関連する情報を整理して表現するデータ形式のことです。Schema.orgでは構造化データで利用する様々なスキーマを定義しています。


構造化データは、JSON-LD形式やMicrodata形式、RDFa形式で表現できますが、GoogleではJSON-LD形式を推奨しています。



Wixでパンくず構造化データを追加する


パンくずリストを構造化データとして指定するには、次の手順でページごとに構造化データを埋め込みます。


  1. ページの「...」ボタンをクリックします。

  2. [設定]メニューを選択します。

ページ設定画面を開く

3. [SEO 詳細設定]タブを選択します。

4. 構造化データのテキストボックスに、JSON-LD形式の構造化スニペットを入力します。

SEO詳細設定でJSON-LD形式の構造化スニペットを入力

例えば、パンくずリストが「HOME > サービス > 運用改善サービス」という3階層の場合、次のような構造化データを入力します。


<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "BreadcrumbList",
  "itemListElement": [
    {
      "@type": "ListItem",
      "position": 1,
      "name": "HOME",
      "item": "https://dx.symmetric.co.jp/"
    },
    {
      "@type": "ListItem",
      "position": 2,
      "name": "サービス",
      "item": "https://dx.symmetric.co.jp/service"
    },
    {
      "@type": "ListItem",
      "position": 3,
      "name": "運用改善サービス",
      "item": "https://dx.symmetric.co.jp/service/marketing-support"
    }
  ]
}
</script>

positionが階層レベル、nameがパンくずの名前、itemがURLを表します。


Wixではパンくず構造化データは自動的に出力されないため、上記の方法で構造化データを設定します。



Wixでイベント構造化データを追加する


セミナーやフェスなどのイベント情報を構造化データとして指定する場合、SEO詳細設定で構造化マークアップを指定します。

  1. ページの「...」ボタンをクリックします。

  2. [設定]メニューを選択します。

  3. [SEO 詳細設定]タブを選択します。

  4. 構造化データのテキストボックスに、JSON-LD形式の構造化スニペットを入力します。



例えば、シンメトリックが主催しているSEOセミナーの場合、次のような構造化データを入力します。



<script type="application/ld+json">
  {
    "@context": "http://schema.org",
    "@type": "Event",
    "name": "検索インデックスを徹底解剖!テクニカルSEOセミナー",
    "startDate": "2021-07-14T05:00:00.000Z",
    "endDate": "2021-07-14T06:00:00.000Z",
    "description": "ページごとに数百ある「検索インデックス」から対策すべきキーワードを見つけます。検索ボリューム、クリック率、SEO競合のデータから改善策を導くテクニカルSEOの手法を解説します。",
    "offers": {
      "@type": "Offer",
      "price": "0",
      "priceCurrency": "yen",
      "url": "https://siteanatomy.com/lp/seminar/",
      "availability": "http://schema.org/InStock",
      "validFrom": "2021-06-14"
    },
    "performer": {
      "@type": "PerformingGroup",
      "name": "シンメトリック社員"
    },
    "eventAttendanceMode": "https://schema.org/OnlineEventAttendanceMode",
    "location": {
      "@type": "VirtualLocation",
      "url": "https://zoom.us"
    },
    "organizer": {
      "@type": "Organization",
      "name": "株式会社シンメトリック",
      "url": "https://www.symmetric.co.jp"
    },
    "eventStatus": "EventScheduled",
    "image": "https://siteanatomy.com/assets/images/seminar/ogp/seminar-technical-seo.jpg"
  }
</script>

nameがイベントの名称、startDateがイベントの開始日時、endDateがイベントの終了日時を表します。日時は日本時間ではなく、UTC(協定標準時)で指定することに注意してください。



Wixで商品構造化データを追加する


Wixストアを使用している場合、商品詳細ページには商品構造化データが自動的に出力されます。商品構造化データには、Wixストアで登録した商品名・価格・画像などが含まれます。



Wixで構造化データを設定するときの注意点


構造化データの上限は7,000文字


WixのJSON-LDコードの最大長は7000文字です。複数のイベント構造化データを設置するときなどは、文字数オーバーになることがあり、一部の構造化データを削減するしかありません。


scriptタグは1つしか書けない


WixのJSON-LDコード欄には、<script>タグを1つしか記述できません。

次のような書式はエラーとなります。


<script type="application/ld+json">
{
    "@context": "http://schema.org",
    ...
}
</script>
<script type="application/ld+json">
{
    "@context": "http://schema.org",
    ...
}
</script>


複数のLD+JSONコードを記述するには、<script>タグは1つだけ記述し、その中を配列形式にします。


<script type="application/ld+json">
[
  {
      "@context": "http://schema.org",
      ...
  },
  {
      "@context": "http://schema.org",
      ...
  }
]
</script>


Wixブログには構造化データを指定できない


Wixブログは通常ページとは異なり、構造化データを登録するエリアがありません。


そのため、ブログにはパンくず構造化データなどを設置することができません。



自動出力されない構造化データを設定しよう


このように、Wixでは自動的に出力される構造化データと、自動では出力されず手動設定が必要な構造化データがあります。


必要に応じて、構造化データを設置してみましょう。


REBUILD WEB-MKTG-SITE構築サービス」は、Wixサイト構築とSEO対策を始めとする「Webマーケティング」のスキルトランスファーが受けられるサイト制作内製化サービスです。自社でSEO対策を進めるのに不安のある方や、Webマーケティングのスキルを獲得したい方におすすめします。


94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示