• egashirashintaro

WixのSEO機能とは?設定方法を紹介

最終更新: 7月26日

こんにちは、Webサイト運用の内製化支援サービス|REBUILD WEB-MKTG-SITE を担当している江頭です。


Wixには、SEOのための豊富な機能が用意されています。


この記事では、WixのSEO機能とその設定方法を紹介します。



WixがサポートしているSEO機能一覧


WixのSEO機能としては、次のように10以上あります。

  • ページ単位のSEO機能

  • タイトル

  • ディスクリプション

  • 見出し(h1~h6タグ)

  • 画像の代替テキスト(alt属性)

  • 画像の最適化

  • 構造化データ

  • noindex(robotsメタタグ)

  • canonicalタグ

  • サイトレベルのSEO機能

  • Googleサーチコンソール連携

  • SSL対応

  • 301リダイレクト

  • XMLサイトマップ



タイトル・ディスクリプション


ページ単位で、タイトル・ディスクリプションを設定できます。


タイトルやディスクリプションは、Googleがページの内容を識別するのに使うほか、検索結果のスニペットにも表示される情報です。


ページ一覧の[...]メニューから[SEO(Google)]を選ぶと、タイトルやディスクリプションを設定する画面が表示されます。


Wixでタイトル・ディスクリプションを設定

また、Wixストアを使った商品ページでも、商品名や説明文とは別に、タイトルやディスクリプションを設定できます。




見出し(h1~h6タグ)


ページの中で「見出し」に相当するテキストや画像に対して、h1~h6タグを割り当てできます。



Wixで見出しタグを設定


Wixではデザインとタグが分離されているので、SEO目的でタグを変更しても、デザインには影響しないのがメリットです。



画像の代替テキスト(alt属性)


画像の内容を表す代替テキストを指定できます。


画像設定画面を開き、[代替テキスト(SEO用)] にテキストを入力します。

Wixで画像の代替テキストを設定

入力した代替テキストは、img要素のalt属性として利用されます。画像をGoogle画像検索にヒットさせたり、ページのSEO効果を高める役割があります。



画像の最適化


Wixにアップロードした画像は、アクセスしたブラウザのスペックに合わせ、リサイズ・圧縮された形式(webp形式)で配信されます。


また、ページのスクロールに応じて画像を遅延読み込みするようにできているので、表示速度の改善にもつながっています。



構造化データ


「パンくずリスト」「イベント」「動画」といった構造化データの出力に対応しています。ページに構造化データを指定すると、Google検索結果にはリッチリザルトとして付加的な情報が掲載されます。


構造化データは、[SEO詳細設定]タブで構造化データ欄に記入します。

Wixで構造化データを設定

Wixが自動的に出力する構造化データもあります。


たとえば、Wixストアを利用すると「商品」構造化データが、Wixイベントを利用すると「イベント」構造化データが自動的に出力されます。




noindex(robotsメタタグ)


検索エンジンにページを登録させないためのnoindex指定ができます。

意図せず検索上位に掲載されてしまったページを取り下げるのに使えます。


canonicalタグ


canonical linkタグは、Wixが自動的に出力します。


正規URLは、各ページのURLと同一ですが、別のURLに変更することもできます。



URL指定


ページごとにURL(スラッグ)を指定できます。

URLも検索結果に表示される情報の一つです。分かりやすい名称に設定しましょう。




独自ドメイン


プレミアムプランを契約すると、wix.com以外の独自ドメインを使うことができます。


なお、無料プランからプレミアムプランにアップグレードするとURLが変更されてしまうため、最初からプレミアムプランを契約することをお勧めします。




サーチコンソール連携


WixはGoogleサーチコンソールに対応しています。


サーチコンソールを導入することで、サイトの検索キーワードや順位などを詳しく調べることができます。



SSL対応


Wixは標準でSSLに対応しており、設定も不要です。


もちろん、独自ドメインを利用しているときも、SSLに対応しています。



301リダイレクト


Wixは301リダイレクトに対応しています。


301リダイレクトを使えば、ページのURLが統廃合されたときに、旧URLから新URLへSEO評価を引き継ぐことができます。


ダッシュボードを開き、[マーケティング]-[SEOツール]-[リダイレクトマネージャー]から、リダイレクトルールを編集できます。




XMLサイトマップ


サイト内のページやブログ記事のURLが自動的にサイトマップに出力されます。

Wixの出力するサイトマップ

多数のURLで構成される動的ページでも、JavaScript API(Velo)を使うことで、サイトマップにエントリーを追加できます。



WixにはSEO対策に十分な機能が用意されている


以上のように、WixにはGoogleの推奨するルールに合わせたページを作りだすための機能が多数備わっています。


これらの設定を正しく行えば、SEOで上位を狙うことも難しくはないでしょう。ただし、SEO対策は最初に行えば終わりではなく、長期間にわたって継続的に実施していくものです。そのためのノウハウはどのように身に着ければよいのでしょうか?


REBUILD WEB-MKTG-SITE構築サービス」は、Wixサイト構築とSEO対策を始めとする「Webマーケティング」のスキルトランスファーが受けられるサイト構築サービスです。自社でSEO対策を進めるのに不安のある方や、Webマーケティングのスキルを獲得したい方におすすめします。


58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示